【台湾の旅 その3 南門市場と花博公園】

dsc06703

南勢角を後にして連れて行ってもらったのが南門市場。
たくさんの食材が並んでいます。

お魚屋さん。

dsc06724

お惣菜屋さん。

dsc06707

餅系のお店。

dsc06705

上の写真の左手前に小籠包みたいなものが置いてありますが、これはこのお店のものではなさそう。
こんなカオスなところが私のツボです。

そしてお肉屋さん。

dsc06714

日本では見かけない生々しい陳列です。
個人的には
「あの足の部分を食べているんだ」
とわかった方が、食べ物に対する感謝の気持ちが湧くと思うんだけどな。

そしてお漬物屋さん。

dsc06729

たくさんの種類が並んでいます。

dsc06731

ちなみに苦手な日本人が多いこちらの食材も発見。

dsc06701

臭豆腐です。
私は台湾へ来たら必ず1回は食べるくらい好きですが、この緑っぽい液体はなかなか衝撃的でした。
そしてその後は2人行きつけのアンティークショップによってから花博公園へ。

dsc06746

ここでは毎週土日にファーマーズマーケットが行われています。
前回は土日にワークショップを入れてしまったため行けなかったので念願です。

dsc06753

かなり盛況の会場。
青果はもちろん、加工品もたくさん並んでいます。
例えばジンジャーティー。

dsc06755

ちょうど旬だったドライ金針(百合の花)。

dsc06754

おひたしやスープに入れてもいいし、そのままパリパリと食べてもいいそう。
そのまま食べると、塩っ気のないスナックみたいで香ばしくて美味。

一通り見て、私はイベント用の食材を購入。

dsc06764

ドラゴンフルーツ、タロイモ、金針、そして写真のカボチャ。
日本のものとは違って、もう少し水っぽくて瓜に近い印象のカボチャです。

この公園の中にある、オシャレーなMAJIMAJIというオーガニック系の物販メイン、カフェ併設のお店もちらっと見ましたが、
ガイドブックなどにも多数載っているので、私のブログでは割愛させていただきます。

dsc06876

ここで友人達とはお別れ。
1日付き合ってくれてありがとう!

しかし私の一日はまだ終わりませんよ。
宿に帰りイベント準備です。

打ち合わせで作る分量や工程はわかったので、レシピの重量換算と手順をまとめます。
当日バタバタするのは目に見えているので、いかに効率よく出来るかが肝。

しかし考え出したらきりがなくて、行き詰まってシャワーを浴び、ゲストハウスの共用スペースに行っておしゃべりしてたら夜中の1時過ぎ。

こんな感じで、台湾に来るとやりたいことがありすぎて、朝から夜中まで活動してしまい、睡眠時間が少なくなってしまうけど仕方あるまい!

最後に、この日花博公園で見つけたキャラクター。

dsc06749

オゥオゥ、そうきたか!

街中で見かける台湾のキャラクターは
「それでいいのかい?!」
と突っ込みたくなるものが多い気がします。(個人的感想。)
裏を返せば、日本のキャラクターがいかに作り込まれているかということなんだろう。

私は素直で、シンプルで、何より記憶に残る台湾のキャラクターが大好きです。
その国民性は、私が感じる台湾の魅力の一つだななんて思いつつキャラクターの写真を撮ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク