【ギフトの中身その3  塩ゆずのモーンチアシュネッケ と お芋のニッキ醤油饅頭 】

dsc06443

クリスマスギフトの中身紹介、その3。
まず1つ目は塩ゆずのモーンチアシュネッケ。

自家製の塩ゆずを練りこんだスコーン生地でチアシード、けしの実、自家製柚子ジャムをぐるぐるっと巻き込みました。
「シュネッケ」とはドイツ語でカタツムリの意味で、モーンシュネッケはドイツのクリスマスにもよく作られるカタツムリみたいなパンです。
個人的にはけしの実だけのモーンシュネッケは少しくどいので、だいぶ前に常連さんが教えてくれたチアシードをプラスして食べやすくしました。
カタツムリみたいな、切株みたいな、
プチプチッとした食感が楽しいスコーンです。

2つ目はお芋のニッキ醤油饅頭。

dsc06437

このお饅頭シリーズは初秋の通販や手創り市で出したところ、ご好評いただいたお菓子。
今回は酒巻農園さんの紫芋を練りこんだ生地で、自家製そら豆餡を包みました。
このために畑でそら豆をさらに育てたのである!
ちなみにこちらのそら豆はフールという品種です。

生地に蒸したお芋を練り込むと、お砂糖とは違う自然な甘さがプラスされます。
そして噛んだ瞬間、餡子に加えたニッキ(シナモン)がふわっと香ります。
洋風のような、和風のような、お饅頭です。

客観的に見て、クリスマスにお饅頭を出すお菓子屋さんは珍しいかもしれないなと今頃気づくの巻。てへへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク