【いちじく椎茸スコーン】

dsc06323

写真は10月の鬼子母神手創り市でだした、いちじく椎茸スコーン。

プレーン生地に、パウダーにしたどんこ、自家製いちじくジャム、ドライいちじくを巻き込んだスコーンです。
微量のイーストで長時間かけてゆっくり発酵させているので、ざっくりした食感です。
最初にいちじくの甘さがきて、その後どんこの香りがフワッと追いかけてきます。

毎年秋にキノコ菓子を出すと、お客さんは
「えー、キノコだってー!」
と見てはくれるものの、実際に連れて帰る人は少なめ。
しかしハマる人もいて、毎年秋になると
「今年はキノコないの?」
と覚えていてくださる方もいらっしゃいます。
先日は一つ買ったお客さんが10分後に戻ってきて、
「買い足していきます。すごく美味しかったです。」
と。しかも
「やっぱり、うん。つくりてさんのお菓子はワクワクします。」
と彼女の中で何か腑に落ちたようなコメントを置いていかれました。

つくりての一番の魅力は
「想像のつかない組み合わせのお菓子にワクワクすること」
なんだな。
私自身、素材の組み合わせを考えているとワクワクから、その気持ちがお菓子にも宿っているはずだもの。

「今月はどんな面白いお菓子がありますか?」
と来てくださるお客さんたちの声に背中を押されて、これからも試作に勤しんじゃうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク