【愛知県常滑の旅 その2 地元食材とビストロ】

language:
スポンサーリンク

IMG_3244

常滑2日目。
前夜遅くまで相棒と話していたので、朝はゆっくり起きて、まずは近くのスーパーへ。
常滑ならではの食材を探しに行きました。

1枚目の写真はアミエビ。
瓶詰めにされたアミの塩辛は見たことがあるけど、ボイル(蒸し?)のものは初めて。

そしてマンダイ。

IMG_3245

調べてみると、マグロに似た深海魚らしい。

そして生せんべい。

IMG_3246

すあまみたいな触感。
米粉を水で練って、蒸して、お砂糖や蜂蜜を加えて練って、薄く延ばして、切って、乾燥させて、3枚1組にまとめたものらしい。
パッケージが大きくてビビってしまい、今回は買わなかったけど、次回は買ってみようっと。

お野菜は地元産のものがほとんどなかったので、残念でしたとさ。

それから家に戻り、なぜか爆睡してしまいました。
時間の流れがゆったりと感じられて、無意識の緊張がほぐれたようです。

そして晩御飯前に相棒とお散歩をしてから、共栄窯へ。

IMG_3249
明治時代の土管工場をリノベーションしたビストロバー。
お店の中に入ると、一気にオシャレーな世界が広がっています。
デートで使ったら、男性のかっこよさが2割増になりそうなお店です。

お酒は好みを言うと、バーテンさんが作ってくれるというスタイル。
ここでお酒が苦手な相棒がブランデーを頼み、お酒が好きな私がノンアルという逆転現象が起こるの巻。
結果的には私がブランデーを飲み、いつも通りの姿になったのは言うまでもないのですが。。。
スモーキーな香りがするブランデーは美味しゅうございました。

こんな感じでのんびりマイペースな2日目なりし。

スポンサーリンク