【寒天で見るアントシアニンの変化】

language:
スポンサーリンク

DSC04827

ブログネタが溜まりすぎていて困惑気味の今日この頃。
今日はある日の試作について。
イメージを形にしようと寒天を作りました。

1枚目の写真はイチゴで作った寒天。
なんだか思ったものと違うものができるの巻。
同じタイミングで作ったマロウブルーの寒天に重ねて、
とりあえず冷蔵庫に入れておきました。

そして翌日の様子がこちら。

DSC04848

マロウブルーの青がいちごの赤に侵食されてる!
マロウブルーは酸性だと赤、アルカリ性だと青になるので、
接していたいちごの酸性が作用して赤くなったというロジック。

マロウブルーの寒天を横から見るとこんな感じ。

DSC04849

イチゴに接していた部分から侵食が始まっているのが一目瞭然です。

大きな水槽でマロウブルーの寒天を作って、ところどころに酸性のレモン汁を垂らしたら、面白い柄が出来そう。

あの和歌山の梅農家さんのところで見た水槽で作ったら・・・
夢が広がってしまった!

スポンサーリンク