【わさび大根の収穫と種】

IMG_2837
5月に種まきをしたわさび大根。
7月上旬から収穫が始まり、日々食卓に上がっています。

わさび大根と言うと辛い味を想像しますが、
「少し苦味のある大根」
というのが私の感想。
特に若めに収穫したものはみずみずしくて苦味もないので、青首大根のように食べられます。
1枚目の写真は抜きたての様子。
新鮮な葉っぱにたくさんのビタミンCが含まれているかと思うと
ホクホクな気持ちになります。

葉っぱは軽く茹でておひたしにして食べるのが定番。
そして根っこの部分はサラダ。

DSC04774

千切りにして、塩をまぶして30分ほどおき、畑仲間に頂いたトウモロコシと和えて出来上がり。
ここに
・オリーブオイル+塩
・ゴマ油+お醤油+ザーサイ
・豆乳ヨーグルト+粒マスタード+塩
などをかけて食べるのがお気に入りです。

遅めに収穫したものは苦味が出てくるので、生よりも加熱して食べるのがオススメです。

そして、育ち過ぎてしまったわさび大根を放置するとこんな感じになりました。

DSC05426

お花が枯れた後にししとうみたいな種が付いています。
しかし大根の種はゴマみたいに小さかったはず。

私と畑仲間の70代女性で
「きっと中に大量の種が入っているんだよね。」
と見守っている今日この頃です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク