【育てたハーブやお野菜の種を取っておく時のポイント】

language:
スポンサーリンク

DSC04631
今日は私が大好きなパクチーについて。
昨年育てたパクチーの種を取っておいて蒔いてみたら、
1枚目の写真のようにモリモリと生えてきました。
図らずも、種を収穫した時の状態が良かった様子。

売っているもののように茎が長く育ちはしないけど、味はきちんとパクチー。
ベトナムで食べたものよりも香りが弱いけれど、しばらくパクチー三昧の日々を送れるかと思うと幸せです。

この他にも種を取っておいたハーブ類の種を蒔いて育てていますが、
うまくいくものといかないものがあります。

覚書としてまとめておこうっと。

育てたハーブやお野菜の種を取っておく時のポイント

・カラカラに枯れてから収穫する。

これが最大のポイント。
食べるには育ちすぎたお野菜やハーブをそのまま放置するとお花が咲きます。
お花が枯れてから種子ができ、それがカラッカラに乾燥するまで収穫を待ちます。
種が半生の状態で収穫したくなりますが、グッと、グッと我慢。
「早くこのスペースに違うお野菜を植えたいな。」
なんて考えちゃダメ!

・種がサヤなどに入っている場合は無理に出そうとしない

ついつい売られているような「種のみの状態」を目指しがちですが、
サヤから取り出す時に種子を潰してしまうこともあります。
サヤ付きのままで蒔いても芽は出たので、種を潰してしまうリスクを考えたら、
無理してサヤから外そうとしないほうがベターな様子。

・冷蔵庫で保管する。

収穫した種は乾燥状態で保存するのがオススメです。
ベストなのは

ガスバリア袋(湿度を通さない素材)に乾燥剤と一緒に入れて密封

要は湿気が大敵というわけ。
しかし私が実験してみたところ、

紙製の封筒に入れて、冷蔵庫で保管

でも大丈夫。

・種まき後はしっかり水やりをする。

売られている種でも、自分で収穫した種でも、種まき後の水やりはしっかりとやるのが鉄則。
自分で収穫した種は売られている物よりも管理が甘いので、
ちょっと過保護なくらいに面倒を見た方がいい様子です。
種から小さな芽が生えてくる頃の作物は乾燥に弱いので、土が乾きすぎないように気をつけます。

ちなみに、今年初チャレンジで種を取っておこうと思っているのがこちら。

DSC04601

赤紫蘇です。
蒔いた時期が早かったのか、育ちが遅いので梅干し作りの頃に間に合うのか微妙なところ。
梅雨の頃にググッと伸びてくれることを期待しています。

スポンサーリンク