【おからを使ったケーキ】

language:
スポンサーリンク

DSC04385

今日は私が手創り市などのイベントで出しているキューブ型のケーキについて。

大きく分けて、
下にタルト生地を敷いたタイプ
敷いていないタイプ
の2種を出しています。

旬のお野菜や果物を使って、毎月ラインナップは違いますが、
「タルト生地を敷いていないタイプ」のベースはおからです。

「おから」を前面に押し出していないので、気付かずにご購入いただいている方も多く、
「これ、おからが入ってるんだー!だからしっとりしてるのね。」
と驚かれる常連さんもちらほら。
1枚目の写真「梅干しココアケーキ」もこのタイプです。

おからは足の早い食材なので、このケーキは賞味期限が3日と短いけれど、
栄養満点、カロリー控えめ、しっとり食べ応えのある
イベントで人気のお菓子です。

私が使っているおからはこちら。

DSC04376

川崎市の農産物直売所で売っているお豆腐屋さんのおから。
毎朝出来たてが納品されています。

真空パックで売られているおからとは、その甘さが雲泥の差!
しかも内容量は400gと記載されていますが、実際は500g前後入っています。
少し前までは300gと記載されていて400g前後入っていたという歴史もあり。

おからの需要はどれだけ少ないのだろうか!

サラダ、コロッケ、卯の花、お好み焼き、お菓子と使い勝手がよくて、
不溶性食物繊維、カルシウム、たんぱく質も豊富で、
冷凍保存もできる優秀な食材なのに。

つくりてのケーキを通して、おからLoverがもっと増えますように!

スポンサーリンク